青汁とは

青汁

青汁を飲んでみようとか、青汁って何?と思って調べているうちにこのサイトに出会われた方もいらっしゃることでしょう。

青汁を辞書で調べると「生の緑葉野菜をしぼった汁」となっており、緑葉野菜を青菜と呼ぶことからその絞り汁を青汁と呼ぶようになったと解説してあります。

野菜に含まれる栄養素の多くは加熱すると効果が薄くなるものが多く、生野菜の栄養素をそのまま摂り入れることの出来るようにと開発されたのが青汁といえそうです。

発売当初は生野菜の青くささとその味から、テレビのバラエティ番組などで罰ゲームとして飲まされるものとして登場し「まずい、もう一杯!」などの流行語もあったことを記憶している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その後、健康ブームの訪れとともに製品改良、開発がすすみ多くの人に愛飲される様になってきました。

青汁を検討される場合の一番の動機は、食事からだけでは不足する野菜の栄養素を補うことでしょう。厚生労働省から発表された健康日本21では1日の目標野菜摂取量を350g以上とうたっていますので、私達の生活の中に情報として入ってきました。

しかし、350gの野菜をバランスよく摂り続けることは難しく、また野菜そのものの栄養価が低下していると評されますから、私達は常に野菜不足の危機に面していると考えるわけです。

実際、生活習慣病は野菜不足などのバランスの悪い食事も原因と考えられますから、健康を考える人の増加と共に「青汁」は野菜不足を補う補助食品として注目を浴びています。

青汁と比較されるものとして「野菜ジュース」があります。

野菜ジュースは、大手の食品メーカー、飲料メーカーが、健康ブームにのってジュースとして野菜の栄養素を取れるような配合で開発してきまし。材料は加熱してありますし食物繊維除去など処理もされていることが多く、栄養価は断然青汁の方が優れていると考えられます。

また、最近流行しているスムージーは凍らせた野菜や果物を牛乳や蜂蜜などと一緒にミキサーにかけたもので、ジュースと異なり素材のすべてを含んでいるので健康的であるといわれ人気が高いようです。ただ、青汁と比較すると果物などが入っている分、糖質が多くなっています。

青汁の優れた点は、なんと言っても加熱処理をしていないので生の野菜の栄養素をそのまま摂れる事、材料とされるケールや大麦若葉、明日葉やクマザサ、よもぎ、桑の葉などは料理に用いる野菜と比べても栄養価が高いもので、その生の緑黄野菜をしぼって加工処理されたものなので人気が高いわけです。

その青汁も、材料であるケールや大麦若葉、明日葉やクマザサ、よもぎ、桑の葉はそれぞれ栄養素の量が異なりますし、その産地によっても安全性など気になるところです。

飲もうとするなら、その目的に合った栄養素をもち、安全性なものを選んで始めることをオススメします。

コメントは受け付けていません。